「水ストック」を学ぼう!

ストックしている人もまだしていない人も、ただストックするだけではない、
状況に合ったかしこい「水ストック」を知ることが重要です。

状況に応じたストックって?

災害が発生してすぐに避難する場合の備え[1次の備え]と救援物資が届くまでの備え[2次の備え]とで2種類用意しておくことが効果的!

  • 持ち出し用 すぐに持ちだして避難できるコンパクトなサイズを準備しよう!

    い・ろ・は・す555ml PETなら便利!

  • ストック用 1人1日3Lを目安に、まずは3日分備えよう!

    い・ろ・は・す 555ml PET,い・ろ・は・す1020ml PETもあります!

POINT

災害時の状況を想定して、ストックする水のサイズや量、置き場所を知ることがかしこい「水ストック」の第一歩です。

どれぐらいの水をストックすればいいの?

1人1日に約3リットル(※飲用として)が必要と言われています。
救援物資が届くまでの3日間を想定して、飲料水をストックしておきましょう!

  • 1日に必要な水 ※飲用として

    1人あたり約3L

  • 災害用にストックしておくべき水(3日分)

    例えば家族4人の場合、必要な確保する水は約36L

POINT

ただストックしておくだけだと、気づかぬ間に賞味期限が切れ、無駄になることも!毎日の生活の中で、上手く使い、使った分を買い足すといった循環させることが重要です。

水以外にどんなものを準備すればいいの?

災害発生時、水以外のものもストックしておくことも重要です。
[1次の備え][2次の備え]とで、どのようなものが必要でしょうか?

持ち出し用

  • ヘルメット
  • 懐中電灯
  • 非常用ローソク
  • 携帯ラジオ

自分の身を守るものや状況を把握できるものを備えておくと、落ち着いて行動できます。

ストック用

  • アルファ米
  • 使い捨てカイロ
  • 卓上コンロ、ガスボンベ
  • 即席めん

避難生活中、暖を取る手段は大切です。非常食以外に食べられるものもストックしておきましょう。

POINT

チェックリストを見ながら、災害時への備えを始めてみましょう!賞味期限切れなどを起こさぬよう定期的なチェックも大切です。

※消防庁 防災マニュアル-震災対策啓発資料-