い・ろ・は・すの寄付活動 -水源保全プロジェクト- い・ろ・は・すは、天然水の売り上げの一部を、日本各地に広がる森林の保全活動に寄付しています。森は、大切な水のゆりかご。豊かな森林を守りぬくこと、それは、美味しい水を未来の世代へと引き継ぐことを意味します。

美味しい天然水は、森の土から。

大切な水源は、豊かな森の奥にあります。 降り注いだ雨を、森の大地が何十年とていねいに濾過。そうして雨水は、地下水脈へと流れ出るときにはミネラル豊富な天然水へと変わります。美味しいい・ろ・は・すをこれからもお届けするためには森林保全が欠かせません。

森が枯れると水は減り、災害の原因にも。

森の腐葉土はたくさんの水を吸い込みます。 森の元気が失われるとその土が痩せ、本来地面にためこまれるはずだった雨水がそのまま流出。 大地が生み出す天然水は失われ、さらに土砂崩れや洪水などの原因にもなります。

水をもらい、お返しに森を守る。

水は、森林が生む限りある資源です。 だからこそ、一方的にもらうだけではなく、森に貢献することで恩返ししたい。森の営みを大事に守る。そして美味しい天然水を引き換えにいただく。森とのイーブンな関係性「WATER NEUTRALITY」という考えのもと、水源を守る活動を積極的に続けてゆきます。

い・ろ・は・すの寄付活動 私たちが行っている、森を育て、水源を守る活動をご紹介します

詳細はこちら

コカ・コーラシステムの取り組む“WATER NEUTRALITY(ウォーター・ニュートラリティー)”とは?

WATER NEUTRALITY(ウォーター・ニュートラリティー)

使用した水を自然にかえす取り組み。2016年は還元率100%達成元年。

WATER NEUTRALITY(ウォーター・ニュートラリティー)とは、水源にあたる森林を大切に育てて、水をはぐくむ環境を作ることで、製品に使った分と同じ量の水を自然にお返しする考え方です。

詳細はこちら