い・ろ・は・すの寄付活動

つくばね森林組合

良質で安定的な木材の供給のため、組合員に対する林業指導や経営近代化支援をしています。植栽から下刈り、保育間伐、素材生産等、全ての森林整備活動に携わっています。また、一般の皆さまに森林の大切さや木の良さを知ってもらうための啓発活動を行っています。

活動概要

活動地域が霞ヶ浦の水源地に位置していることから、水源涵養機能の面で特に重要な役割を果たす山林を重点的に整備しています。毎年8月には石岡市内の小学生とその保護者の親子を対象に、間伐体験や木工教室を行い、市民に向けた啓発活動を行っています。

間伐材を利用して板にしたものをベースに本棚や椅子など発想豊かでオリジナル溢れる作品が毎年出来上がります。木にふれあいながら楽しく森の大切さを伝えています。

活動報告

2017年11月更新

植栽の施工や集積間伐の施工を行いました。

木の間伐を行うことによって太陽の光の入る山を作り、水源涵養のできる山を育てています。

植栽や萌芽のお手伝いで、下刈りを施行しました。