い・ろ・は・すの寄付活動

公益団体法人 阿蘇グリーンストック

雄大な阿蘇の草原、森林などを維持・保全または再生するため、ボランティアの協力により、草原(水源涵養・CO2固定化等の機能を持つ)維持に必要な「野焼き」「輪地切り」支援活動、水源涵養に必要な広葉樹の植林と手入れなど、都市農村交流を通じた自然保全活動及びこれらに関する普及啓発を取り組んでいます。

活動概要

4社と連携し、阿蘇市と西原村に植林した水源涵養林の枝打ち等の手入れを行います。

草原保全に関しては、野焼きの準備で輪地切り(防火帯づくり)に約70ヵ所で延べ1300名、野焼きに約60ヵ所で延べ1200名のボランティア参加を予定しています。その際、安全に活動を行うための研修にも取り組みます。

活動報告

2018年5月更新

8月27日より12月3日にかけて、来春の野焼きに向けた事前準備として、輪地切り支援活動が、行われました。

昨年に引き続き本年も天候に悩まされ、延期、再延期そして中止となる牧野もあり、年明けに輪地切り作業を見送る牧野も出てきました。

ボランティアの皆さんの協力で、平日も含め延べ76回の活動となり、延べ1309名のボランティアの参加となりました。