い・ろ・は・すの寄付活動

西諸地区森林組合

森林組合は地域の森林整備の担い手として、経営基盤の強化と業務執行体制の充実を目的に、森林施業プランナーの育成を行い、森林経営計画を基に施業集約化による着実な森林整備を目指しています。また、職員の育成強化を図るための各種研修会、講習会への積極的な参加と、財務健全化に向けた県及び森林組合連合会による指導監査も実施しています。

1/10

活動概要

西諸地区では、現在6箇所で「企業の森づくり」として企業・森林所有者・行政・森林組合として連携して森づくり活動を実施しています。この森づくりは、水土保全・水資源の涵養はもとより地域の交流の場であったり、社員研修やリフレッシュの場としても活用されています。

健全な森づくりを行うには定期的な森林整備を着実に行うことが不可欠であるため、伐ったら植え、除伐や間伐を行い育てるといった森林整備を行う必要が有ります。このプロジェクトを活用して補植・除伐・路網整備など実施し水源保全つなげたいと考えています。

活動報告

2018年5月更新

宮崎県えびの市大字原田字押建 麓共有林にあるコカ・コーラボトラーズジャパン(株)との森林整備・保全協定を結んでいる「えびの城山さわやか自然の森」で活動を実施。

既設の林道や作業道が豪雨等で崩壊し、通行不能の箇所や通りにくい箇所があり森林保全活動が困難になったため、補修を行いました。