い・ろ・は・すの寄付活動

鳥取日野森林組合

森林組合として地域に密着した活動を行っており、森林所有者の方とともに植林から保育、素材丸太の出荷まで、すべての森林整備活動に携わっています。当組合では早くからスイングヤーダ・プロセッサ等の高性能林業機械導入を積極的に進めており、近年は高密路網を整備しての機械化作業によって、効率のよい素材生産事業を行っております。また作業員の若返りも実現し、日々職場内や研修会などでスキルアップしており、今後の成長が期待されます。

活動概要

今まで行ってきた「い・ろ・は・す水源域の育林活動」をさらに進化(深化)させます。ポータブルウインチの購入、現在可搬ウインチがなく導入により人力作業の負担軽減、省力化による作業能率の向上を図ることが出来るようになります。

また、現在架線を張って作業を行う場合所有している資材を使って試行錯誤しながら作業を行っていますが、今後架線を使う機会も増えてくると予想されるので、架線資材(ワイヤー、滑車、スリングナ等)の購入によって作業の効率化を図りたいと思います。

活動報告

2018年5月更新

架線用資材を購入し搬出作業現場にて使用。今まで同じ規模の架線を張って作業をした時と比べると今回の資材導入により設置・撤去作業の時間短縮、その他作業の効率アップをはかる事が出来ました。

工場関係者による森林保全活動。人工林の間伐作業及び林内整備、しいたけ植菌体験を行いました。

森林組合による森林保全活動。人工林の間伐(保育)作業及び林内設備(枝打ち、玉切り)作業を行いました。