近くの森を守る。近くの水を育てる。水源保全プロジェクト

い・ろ・は・すは売り上げの一部を、日本各地に広がる森林の保全活動に寄付しています。
森は、大切な水のゆりかご。豊かな森林を守りぬくこと、
それは、美味しい水を未来の世代へと引き継ぐことを意味します。

い・ろ・は・す が寄付を行っている全国の団体

なぜ森を守るのか

なぜ森を守るのか

森を守ること、それはみなさんに
おいしい水を届けること。

健康な森が、豊かな土を育て、その土が雨を受け止める。
土に染みこんだ水は、浄化されながら、何十年もかけて地下水脈に辿り着き、その水が「い・ろ・は・す」として、みなさんの元に運ばれます。
そう、森がおいしい水を育てるのです。

森が枯れるとどうなる?

森が枯れるとどうなる?

森が枯れると、土が痩せ、
土に浸透する量が少なくなってしまいます。

それはつまり、自然の水が少なくなるということです。
さらに、土砂崩れや洪水などの天災が起こりやすくなったり、
生物の減少や、地球温暖化が進行するなど、
地球にとってよくないことも起こってしまいます。

森を守るために、私たちができること

森を守るために、私たちができること

水は、森が作りだす、限りある資源。
だからこそ、
私たちは使った水を自然に返す。

つまり、森を守り、育てることで、おいしい水をくれる森に恩返しをしているのです。
そして、健康に育った森に、また水をいただく、貸し借りなしの関係を目指しています。