こだわりの工程

い·ろ·は·すができるまでの様々な工程。

い·ろ·は·すができるまでには、たくさんの工程があり、その一つ一つに重要な意味があります。

ここでは、その主だった工程を順を追ってご紹介します。

水の工程

ペットボトルの工程

※各工程をクリックすると
詳細がご覧になれます

1.採水
2.ろ過
3.短時間
加熱殺菌
4.原型を
製造ラインへ
5.ブロー成型
動画
6.殺菌・洗浄
7.無菌状態で
注水
動画
8.ラベル貼り
動画
9.検品
10.梱包
動画
  • 1 採水

    地下深く流れる天然水を工場内で汲み上げ、
    定期的に水質を確認しています。

  • 2 ろ過

    最小0.45マイクロメートル。
    超微細フィルターを複数通過させ、
    不純物を徹底的に除去します。

  • 3 短時間加熱殺菌

    装置の中で高圧状態にし水を加熱。
    ほんの数秒殺菌することにより、
    おいしさをそのままに無菌状態にします。

  • 4 原型を製造ラインへ

    ペットボトルの原型です。
    このような小さな状態で工場へと運ばれます。

  • 5 ブロー成型

    プリフォーム(ペットボトルの原型)に
    高圧の空気を送り、金型に入れてふくらませることで、
    ペットボトルを成型します。い・ろ・は・すの場合は
    とくに軽量のため、厳密な管理が求められます。

  • 6 殺菌・洗浄

    ボトルをすみずみまで洗浄し、殺菌しています。

  • 7 無菌状態で注水

    無菌空間装置内で、ペットボトルに水を注水。
    キャップ閉めまでその装置内で行うことで、
    無菌状態を保ちます。

  • 8 ラベル貼り

    自動でラベルが貼付されます。
    リサイクル時に ラベルがはがしやすくなるよう、
    ノリ付けにも工夫をしています。

  • 9 検品

    適切な内容量が充填されたか、キャップやラベルの位置、
    賞味期限の印字などに誤りはないか、1本1本検査装置で
    チェックします。検査装置と、さらに目視での検品も
    組み合わせることで品質保証体制を確実にしています。

  • 10 箱詰め

    箱詰めして、出荷を待ちます。